結婚指輪とはどのようなものなのか

結婚指輪の由来や意味とは


結婚するときに二人で決める結婚指輪についてどのような意味があるかご存じですか。結婚指輪は古代ローマ時代から始まった習慣だと言われ、大変歴史があるものです。日本で結婚式の際に指輪の交換をすることが定着したのは約50年前からと言われています。そして結婚指輪がもつ意味としては、生涯夫婦として歩んでいく誓いを形にしています。リングの丸い形は、永遠に続く愛を象徴しています。また普段から身に付けることで相手の存在を感じることができるものにもなります。身に付ける指は左手の薬指というのが一般的です。しかし、必ず薬指につけなければいけないものではなく、はめる指によって意味合いが決まっています。薬指は愛の絆を深めるという意味があり、一番合っているため一般的となったと考えられます。



選ぶ際のポイントとは


結婚指輪にはさまざまなものがあり、どの指輪にするかというのは二人で決める最初の作業といっても過言ではありません。そこでまず決める際には事前に話し合うことが必要です。特に女性はイメージを持っている方が多いためです。例えばブランドや素材などです。結婚指輪のブランドで人気が高いのは、ティファニーやカルティエです。専用のコーナーもあり、ブランド特有のデザインもあります。素材に関しては、シルバーやゴールドもありますが、一番人気が高いのはプラチナです。何年経っても劣化が少なく、水にも強いため扱いやすい素材であることが人気の理由です。最近では、リング部分が細いタイプが人気を集めています。毎日つけるものなので邪魔にならずさりげなく見せられるのが人気の理由です。