結婚指輪の由来や意味について

結婚指輪の由来について


結婚するときに必要な指輪として、婚約指輪と結婚指輪はあります。婚約指輪は、男性がプロポーズした時約束をする意味を込めて男性から女性にプレゼントするといわれています。では、結婚指輪にはどのような意味があるのか説明していきたいと思います。そもそも、結婚指輪を交換するといった風習は古代ローマから伝わった伝統であります。古代のローマ教皇が愛の誓いとして鉄のリングを渡したことが始まりだといわれているのです。そして、その伝統が現代でも根付いているのです。また、結婚式の際に指輪を交換するということがあると思います。交換することにも意味があり、これからの夫婦として歩んでいくことや永遠に途切れることのない愛情という意味があります。ですので、日頃からつけることが大切なのであります。



指輪の意味と相場について


結婚指輪は、基本的に左の薬指にはめるといわれています。では、なぜ左の薬指なのか説明していきたいと思います。本来一本一本の指にはそれぞれ意味があります。その中でも左の薬指には、愛の絆を深める、願いを実現するといった意味を持っており、結婚式の時には左の薬指に指輪をはめるといったことが主流になっているのです。そのため、結婚する前に指輪をもらった場合は基本的には右手の薬指につけておくことが良いといわれています。こういったことが結婚指輪の意味であります。指輪の相場についてですが、夫婦によって様々であるものの一般的の平均では、約10万円ほどが人気であります。これから先末永くつけるものであるためできるだけ良いものを購入することがおすすめです。